<タイ発祥のナイフ1本のアート、彫刻の記録>

生徒さんの作品

この秋はしばらく透かし模様を楽しむ方が多そうです。
透かし模様をいくつか作って蓋と器を入れ替えたりするのもよし、どんどんレベルアップのため脇見をせずにカリキュラムを進めるのもいいですね。

最後の写真はご自宅で一つ彫りましたとレッスンでの作品と一緒に送ってくださいました。作品展が終わって「心入れ替えます」とおっしゃっる方もいらしてなんだか頼もしいです

0コメント

  • 1000 / 1000