<タイ発祥のナイフ1本のアート、彫刻の記録>

スイカのデザインの練習は石鹸

石鹸だけしか彫らない方もいらっしゃるみたいですね。
私は最初から、フルーツ(野菜)と石鹸が同位タイというか、言うならばフルーツがリードしていたので、今でもどちらも同じ位彫っています。キャンドルを作るようになってからは、すべて同じぐらい好きな素材ですね。ひとつあまり慣れない素材は消しゴムハンコの消しゴムでしょうか。これは私にとって弾力がありすぎるようです。
さて、タイトルにある、スイカのデザインの練習は石鹸、という意味ですが
スイカは値段も高いですし、冬場は手に入りづらいので、デザインのイメージやナイフの動きの確認として石鹸を私はいつも彫っています。石鹸で彫ってからスイカを彫っています。

0コメント

  • 1000 / 1000