<タイ発祥のナイフ1本のアート、彫刻の記録>

火って幻想的

白という色は魅力的。白いかぼちゃ、これはカスペリータという名前です。覚えられないんですよね、この名前。白も素敵ですが、名前もなんだか心がくすぐられますね。10月に彫っていて載せるのを忘れていました。シンプルな彫り方にして、中の火が見えるようにしました。
2枚目の写真では、中の火が見え隠れしています。



このかぼちゃはマミさんとのモザイクとのワークショップの撮影の仲間入りをしていました。下の写真をよくみるとこのカスペリータが鎮座していますね。撮影後はマミさんがいたく気に入ってくださったので差し上げました。ワークショップも無事終わり何よりでした。

0コメント

  • 1000 / 1000