<タイ発祥のナイフ1本のアート、彫刻の記録>

扇の桜(作品展竹取物語より)

作品展にグループフルーツで参加するにあたり全員で合致したモットーは「無理をしない」。ひとりあたりの作品を減らして、気楽に当日臨めるようにしました。

話し合って7人の分担は次のように決めました。

かぐや姫(スイカ)、水紋と菖蒲(スイカ)、りんご、小花(大根、ビーツ、黄人参)、パパイヤの竹、御所車(ハネジューメロン)、扇の桜(すいか)

その中で私はスイカで扇の桜を彫りました。

7人で作品展の準備をしているときがいちばん楽しかったです。メールやラインであれこれ相談して、最後に書を加えることになってぐんと素敵になりました。

この書もメンバーの作品です。ワイヤーの作品や展示の小物など、庭の青い葉物持ってくるなど、それぞれ力を合わせて出来上がりました。

達成感より終わってとても寂しいです。

0コメント

  • 1000 / 1000