<タイ発祥のナイフ1本のアート、彫刻の記録>

生徒さんの作品

先週のレッスンより一部ご紹介します。

レッスン終盤は仕上げの追い込みとなり、早く終わられた方の作品など写真を撮るタイミングを逸してしまいました。また、家で復習した作品をご持参されて見せてくださったのに、こちらもサランラップに包まれてしまい写真を撮り損なってしまいました。残念。

皆さん、上手になられていってますね。

カービングのナイフの角度と深さを繰り返し体験して、ある日ふと「あ、こういうこと!」と感じるときがあるようです。

初めて彫られたお二方もお伝えしたことがすぐ出来てらっしゃいました。

0コメント

  • 1000 / 1000