カービングとは

日本では人気の出てきました果物や石けんに彫刻を施す装飾です。

ナイフ1本で作品を仕上げます。

彫る対象は、主に石けんと果物・野菜の2種に分けられます。

果物・野菜への彫刻は本国タイで700年前から伝わってきました。

石けんは30年ほど前から彫られるようになってきたそうです。

2,3時間でひとつの作品が仕上がります。

10回程度のレッスンでバラが彫れ、30回から40回のレッスンで彫る技術はほぼ習得できます。

果物等は飾って楽しみ、その後は食べます。

石けんは長く保存ができるので、アレンジをして額装にしたりします。

年々日本人のカービング愛好者は増加傾向にあるようです。

本場タイのデザインも素敵ですが

日本人の繊細なカービングは発祥の地タイにも迫る美しさであると私は思います。